« 同居って難しい | トップページ | やっぱり危ない家 »

2005年12月13日 (火)

おうちの履歴

これまで家のどの部分をどう変えたか、またはどう手をいれたか この家の歴史を教えて欲しいという設計士のZ町所長の質問に、父は記憶を頼りに語った。

第一期:

 昭和2年。 この家が誕生。 大工の棟梁の隠居家として建てられたという。 長方形の敷地に、長方形の家。 南側に庭。 2階には2間。

   ( 昭和22年 父一家が移り住む )

第二期:

 庭の約三分の二をつぶし、そろばん教室部分を拡大。 書斎も作る。

第三期:

 教室の入口付近を整備。 下足室を広げる。

第四期:

 教室の上(2階)に2間増築。 トイレ・キッチン・洗面も作る。 階段付け替え。 

第二期と第四期は、構造的にかなりいじっているはずだが、図面らしきものは全く残っていない。 やってくれた大工さんとも連絡がつかない。 となると実際目で確認するしかない。 

1階2階すべての部屋を、見てもらうことになった。

|

« 同居って難しい | トップページ | やっぱり危ない家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうちの履歴:

« 同居って難しい | トップページ | やっぱり危ない家 »