« どう? トイレ | トップページ | 会所枡は異常なし »

2006年11月27日 (月)

手洗い有りタンクと手洗器

便器のタンクは手洗い有りのタイプなので、普段父はタンクの上で手を洗う。 しかし将来のことを考え、単体の手洗器を別につけた。

”将来のこと”とは・・もし排泄に介護が必要になった時で、介護する者が介助を終えた時に トイレの中でささっと手を洗えた方が便利だろうと考えた。 

それならタンクの手洗いは不要? とも思ったが、ある地震で 『断水中 トイレのタンクにペットボトルややかんで水を補給する人』 の映像をニュースで見て、タンクの蓋を開けなくても水を注げる手洗い有りタンクの方が 年寄り一人でも無理がなさそうに思え、(地震)断水対策にと手洗い有りタンクの方を選択したのである。 

もちろん、手を水洗いするだけなら 手洗い有りタンク方が水道代を節約できる というメリットもある。

しかし、手洗器の方はしばらく使わないと、トイレの水を流す時に 「ゴボゴボ」と音をたてる。 

 「ねえねえ こっち(手洗器)も たまには使わないと トラップの水 蒸発しちゃうみたいよ~」

 「そやねん ゴボゴボいいよるやろ」

というふうに、ゴボゴボいう度 手洗器の水を流して(=トラップに水をためて)凌いでいた。

夏に工事を終え 8ヶ月ほどたった翌年の春、私は異臭に気が付いた。 また手洗器のトラップの水が蒸発したのだろうと思い 水を流したが 改善しない。 何度水を流しても 悪臭が上ってくるのだ。  

|

« どう? トイレ | トップページ | 会所枡は異常なし »

コメント

さわこ様、おはようございます。
今回のお話も、とても参考になります。
実は節水と水の有効利用も考え、タンク付きの手洗いと
壁付けの小さな手洗いの併用も考えていました。
この様なことは充分あり得るのですね。
身体の動きが不自由なときには、タンク部分の手洗いは
少し無理が必要です。
出来れば、用を足す、手を洗うという行動は、
異なる位置で行いたいものです。
合理性ばかり追求しますと、人の感性の一部を
犠牲にしてしまうのでは?と心配します。
今回も参考にさせていただきます。

投稿: 建築屋 | 2006年11月29日 (水) 07時56分

建築屋さま こんにちは。
実は、メーカーさんが間違って手洗いなしタンクを
納品したんです。
まあ普通、壁に手洗器がついていたら タンクの方は
ナシが当然ですから、ミスされたんだと思います。
(見積もり書にはちゃんと手洗い有りとなっていたんですが)
すぐに交換してくださったのでよかったです。

そうそう、あのタンクの手洗いは、トイレの広さによっては
非常に使いづらく、腰に負担がかかります。
なのでトイレが狭い我が家では、用を足したあとは
洗面所に移動して手洗いするのが習慣となっております。

投稿: さわこ | 2006年12月 1日 (金) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どう? トイレ | トップページ | 会所枡は異常なし »