« 入院 そして 牢名主?登場 | トップページ | 入院快適グッズ »

2007年8月 3日 (金)

担当医の説明

 「担当医から説明がありますので、先生がお越しになるまでお待ちくださいね。」

とナースから言われれば、書類を書き終わったところで 売店へ買い物に行くわけにもいかず 隣の牢名主の視線を感じつつ ベッドで待機。

 「コソコソ喋るな」

と言われたので、極力フツーに喋りながら、荷物を出したり 引き出しの整理をしたり 入院案内を読み返したり・・・

 「お待たせしましたねえ こちらへどうぞ」

と呼ばれるまで、やけに長く感じたものだ。

担当医と初顔合わせをした。 というのも、外来で診察してくれたK医師はあくまでこの部門の責任者。 ここから先、直接父の担当となるのは別の医師。 これからは担当医の L医師 とコミュニケーションをとることになる。

L医師の説明を要約するとこうだ。

 ・月曜に造影剤を注射してのCT、水曜に気管支ファイバーをする。

 ・不整脈があるのが心配だが、気管支ファイバーで細胞をとるときに出血したら怖いため アスピリンを土曜の朝からとめる。

 ・ただし、血圧の薬はのんでおくように。

 ・水分を多めにとり、安静にしておくこと。

CTと気管支ファイバーを二日連続でしないのは、年齢を考慮して ということだった。

ここで私は はたと気づいた。

 「あの~ 土日って検査とか あるんですか?」

今日は金曜日である。

 「いえ、基本的にはありません。」

 「そしたら 外泊って できますか?」

 「そうですね~ お父さんの場合、特に咳とかしんどいとかもないようですし、外泊してもらっても大丈夫ですよ。 でも お一人暮らしということですし、ここにいれば食事の心配がいりませんし・・・ どうしましょう?」

選択権は父にある。

 「外泊しますわ。」

即決。 食事の心配はいらないだろうが、隣に気を遣うのがイヤらしい。

 「だったら 月曜入院 にしてくれたらよかったのにねえ」

とベッドに戻ってグチっていたら、責任者のK医師がのぞきに来た。

 「入院しないと検査の予約ができないんですよ。 ははは」

あの~新聞、止めてきたんですけど。

|

« 入院 そして 牢名主?登場 | トップページ | 入院快適グッズ »

コメント

こんにちは、さわこさん。暑いです!
早速の外泊、良かったですね。
でも、病院のシステムって・・なんだか面倒ですね。
解らないからいっそう難しく感じます。
お父様、これからたいへんな・・・面倒な事をしなければいけないのですね。
私も先般、目の造影をしましたが、恐いとかいうことより面倒だったのです。
お父様の体の事が解るのですから、病院の食事付きのクーラーのお世話になるくらいの気持でいて欲しいですね。

さわこさんが大変かと思います。
暑い中、頑張ってください。
水分補給を忘れずに!痩せすぎですよ!(たぶん・・・)

投稿: 建築屋 | 2007年8月 4日 (土) 08時28分

建築屋さま いつもありがとうございます。

みかけによらず子供の頃から、丈夫とはいえない私は
ボーダーライン(これ以上頑張ったら倒れるな)というのが
割とよくわかる方です。
そういう時は家事もなにもかもほったらかして
とりあえず寝ます!食べたいもの食べます!!
そういう行動に、主人も子どもも慣れたようです。(笑) 


投稿: さわこ | 2007年8月 5日 (日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入院 そして 牢名主?登場 | トップページ | 入院快適グッズ »