« 隣の落ち葉 | トップページ | 気管支ファイバースコープ »

2007年8月21日 (火)

庭の手入れ

雨で道路に張り付いた落ち葉を掃除した翌日は、朝から雨。 私は傘をさしたまま落ち葉掃除に勤しんだ。

 「植物は二酸化炭素を酸素にかえてくれる」 

 「地球温暖化防止には、ミドリが必要」

 「この木 なんとかして~! とか 思たらアカン・・・」

と三段論法が頭の中をぐるぐる。 しかしついついため息がもれてしまう。

父曰く、お隣は社宅だそうで、悩まされている落ち葉製造木も、今住んでいる人が引っ越してきた時には すでに庭にあったそうな。

 「お隣の奥さんは気にしてなあ 高枝切り鋏で切ったりしてるんやけど、女の人やから力ないし、それに上の方は届かんやろ」

見かねた父が、一度その高枝切り鋏で かなりの枝を切ってあげたそうなのだが、所詮は素人仕事。 あっという間に元の通り。

 「植木屋さんに頼んだらいいのに」

 「それがなあ お隣のご主人が こういうことに無頓着らしくてなあ お金かけたくないみたいなんや」

しかし迷惑は、しっかりとかかっているのだ。 

こういう話を聞いたことがある。 そこはマンションだが、ガーデニング好きなご一家がいて、庭にはいろんな植物を植えていたそうだ。 ところが転勤で引っ越すことになり、その庭付きの1階の部屋を人に貸すことになった。 しかしそこに賃貸で入居した人は、そちら方面にまったく興味がなく=手入れをせず、草木に雑草伸び放題、庭は荒れ放題。 ついには害虫が大発生してマンション中の大問題に。

 「庭は放っておいてもらって いいですから」

といわれて入居した賃借人に責任を問うこともできず、困ったそうだ。

植木屋を頼めばお金がかかる。 もちろんこれは理解できる。 しかし、放置して近所に迷惑をかけている という現状もわかってほしい。

 「今日はもうサイテー 雨のなか傘さして落ち葉掃除してきてんで」

と、父にぼやく。 できるだけ明るく。

明日はこの検査入院最大の山場、気管支ファイバーが待っている。

|

« 隣の落ち葉 | トップページ | 気管支ファイバースコープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隣の落ち葉 | トップページ | 気管支ファイバースコープ »