« 庭の手入れ | トップページ | 運命の分かれ道 »

2007年8月31日 (金)

気管支ファイバースコープ

月曜に 「CT」 「尿・便・痰」 「心電図」 「エコー」 の検査をした父は、体をゆっくり休めるために火曜は検査なし。 そして水曜、ついにこの検査入院最大の山場 「気管支ファイバー」 の検査を受ける。

この検査は、レントゲンに映っている 謎の影の所まで管を入れ、、直接細胞を取る というものである。

 「気管支ファイバーでうまく細胞取れなかったら、体を切って 外から取り出すしかないんでが、お父さんの場合は 影の部分が 背中から見ると ちょうど肩甲骨の向こう側にありましてね~ 外科的に取り出すとなると おおごとになってしまうんですよ」

と初診で診察していただいたD医師から説明を受けていた。

しかも入院当日 ”検査中に万が一のことが起こっても・・・云々」という書類にサインをしたのもこの検査。  ”無事に 一発で 謎の細胞が取れますように!” と祈らずにはいられない。

 「検査の時間はなあ、朝にならんと わからんらしいわ」

 「じゃあ 時間決まったら、電話ちょうだいよ」

と前夜 父と話したのだが、電話はなかった。

 「も~ また 忘れてる!」

面会時間は12時から。 検査が午後なら1時から。 それに水曜日は、子どもが学校から早く帰ってくる日。 私は子どもの帰りを待って、病院に行くことにした。

病院に着いたのは午後3時ごろ。 病室に入ると

 「おう ちょうど 麻酔が切れたとこや」

喉に局所麻酔をかけて口から管を入れるのだ。 検査の後は麻酔が切れるまでは大人しくしていないといけない。 

 「さっきまで ふわふわ しとってんけどな」

 「で、大丈夫やったん?」

 「うん。 お隣の○○さんにな むせない方法を教えてもらっとったから 楽に受けれたわ」

お隣の○○さんとは、入院した日に 「コソコソ喋るな!」 と言われた、牢名主さんのことである。

あれ? もしかして、牢名主さんって 意外と いい人!?

|

« 庭の手入れ | トップページ | 運命の分かれ道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭の手入れ | トップページ | 運命の分かれ道 »