« 正体みたり | トップページ | 補聴器 »

2007年9月27日 (木)

その後の父

根は真面目な父である。 薬の管理もばっちり! 一緒に外食に行く時も、

 「いや~ 食べて すぐ 飲まないと、忘れそうやから」

と お薬セットを持参する。

もともと自覚症状がない父の、 ”薬の飲み忘れ” を警戒していたのだが 私が目を光らせることなく、一人でちゃーんとやっている。 幸い副作用も出ず、生活はすっかり元通りだ。

ただ、おうちをリフォームした2年前に比べると 『老い』は進行しているように思える。 中でも 耳の遠い程度(老人性難聴)は、確実に進んでいる。

 「ねえねえ おじいちゃん」

 「・・・・」

 「おじいちゃんは耳が遠いんだから ちゃんとおじいちゃんの前で ゆっくり はっきり しゃべらないと わからないでしょ」

 「はあい」

こういうやりとりが、以前より増えている。

補聴器をつけてTVを見ていると、私が玄関を開け、おうちにあがり、リビングへのドア(引き戸)を開けて、椅子に座っている父の真後ろに立っても 気がつかない。 なのでおうちに入ったら、

 「はろ~っ!」 

と大きな声を出しながら父に近づくようにしている。 なぜなら、娘とはいえ 一人きりのはずの家の中で いきなり肩をポンっと叩かれたら びっくりして心臓に悪いだろうと 思うからだ。

最大音量にしている電話のベル、インターホンの音は聞こえているようだが、キッチンタイマーの ピピピピピ という電子音は うっかり補聴器をはずしていると 聞こえないことも。

 「だったら 携帯電話 首からぶら下げて、タイマー機能使えば 鳴るし振動するし 絶対気がつくやん」

 「補聴器つけとったら 大丈夫や」

と、聞く耳を持たない。 キッチンを 火のでない IHクッキングヒーター にしたのは、大正解である。

|

« 正体みたり | トップページ | 補聴器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正体みたり | トップページ | 補聴器 »