« トイレのトラブル 2 | トップページ | 鬼門じゃないけど引き戸が »

2007年11月27日 (火)

鬼門のトイレ

兄は大学を出ると同時に転勤族となり、第四期リフォーム当時おうち住んでいたのは、父と母の私の3人。 3人家族なのにキッチン・洗面・トイレをもう1セット作るなんて、なんとも贅沢な話である。  

その第四期リフォームで2階を増築したとき、どういう間取りにするか主導権を握っていたのは 実は母だった と後で父から聞いた。 

  ”将来は 二世帯でも 気兼ねなく 住めるように”

母は自分が嫁に来たときにした苦労を、息子のお嫁さんにはしてもらいたくない と考えていたらしい。 それがキッチン・洗面・トイレをもう1セットプラン に表れたのだろう。 この母の改築プランは、兄が家族と帰省するたび おおいに役に立つことになる。 残念なことに、同居の苦労がどの程度軽減されるかを確かめぬまま、母はあの世へ旅立った。 

ともあれ、2階にもうひとつトイレがあったということで、リフォームした1階のトイレの水が流れなくても そう緊急に困ることはなかった。 まあ、トイレの度に2階へ上がったり下りたりするのが少々面倒 という程度だ。

しかし、このまま放置 というわけにはいかない。 父と取扱説明書を読んでみたが対処法は見つからずプロに修理を頼むことに。 修理が来るまでの間に再度取扱説明書を読んて見つけたのが 「保証期間 2年」という文言。 ん・・もしかしてギリギリセーフ? 不幸中の幸い というやつか。

みてもらうと・・ どうも、タンク内側の部品がなにか はずれていたらしい。 

 「年寄りひとり暮らしやし そんなに使わんのに、なんで故障するんかなあ」

確かに。 やはり、方向が悪いからか? 便器は鬼門の線からかろうじてはずせたが、トイレの個室自体は 鬼門の線にかかっている。

|

« トイレのトラブル 2 | トップページ | 鬼門じゃないけど引き戸が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレのトラブル 2 | トップページ | 鬼門じゃないけど引き戸が »