2008年1月 7日 (月)

祝!おうちも親父も満80歳

 「長生きは してみるもんやなあ」

父は先日、満80歳 を迎え、かつての教え子たち(といっても悠々自適なお年頃)が祝いの宴を盛大に開いてくれた。

おうちの方は引き戸を直してもらってからこっち、特にトラブルもなく、父は毎日快適に過ごしている。

 「もしかしたらな」

うん。

 「わしが生きとるうちにな」

うんうん。

 「ひ孫の顔を 拝めるかもしれん」

うっひょ~っ!!

なんと めでたいことに、私の甥っ子=父の孫 の結婚が決まった。

 「わしの家系でひ孫の顔見るまで、長生きしたもんはおらんからなあ 新記録や」

気が早い。

 「でなあ、Kくんからなあ、おばちゃんも式に来てくれへんかな って電話あってな 一緒に行くか?」

もちろん。 

リフォームを実行した2005年、父77歳の時ならば、じゃあ各自で現地集合 なんてことも可能だったろうが、今は無理 というより心配。 なぜなら父はこの2年半で、歩くのがさらに遅くなり、耳がさらに遠く・・・体力面が確実に下降しているから。

 「そのへん行ったことないし、折角やから泊まって観光しようや。」

了解。

 「冥土のみやげになるしな。 わはは」

そのセリフ、何回も聞いたような。

一人旅は心配であるが、父の一人暮らしに不安は少ない。 それもこれもバリアフリーリフォームのおかげだと思う。 快適に、そして機嫌良くおうちで過ごせる日が一日でも長く続けばよい と心から願う。

**************************************************

お知らせがございます。 コメント欄をご覧ください。

| | コメント (3)

2007年12月13日 (木)

KURE551

 「こんにちは~ ご無沙汰しております。」

リフォーム工事の現場監督、O島さんがやってきた。

 「お忙しいのにすんません。 どうもね コレが重いんですわ・・」

父と二人で解決できなかった引き戸のトラブル。 困ったときはプロに頼め!ということでN本工務店に連絡。 O島さんの登場とあいなった。

 「コレ はずして みました?」

 「い~や~ ワシも娘もやってみたけど、取れんでねえ」

という父の言葉を最後まで聞くか聞かないか という早さで O島さんは引き戸を ひょいっとはずした。

 「やっぱり はずれるんや~」

私の言葉ににやりとしながら、取り外した引き戸を横向きに置き、懐中電灯で照らす。

 「あぁ ここに ホコリが溜まってますねえ」

引き戸のコロの部分のホコリを、工具で手際よく取ってくれた。

”ワシ、ちゃんと掃除しとる” という父の主張通り 床の溝はキレイなのだが、なんでコロの部分にこんなに? と思うほどのホコリである。 工事終了後2年3ヶ月分のホコリ・・・ キレイに掃除をしても入り込んでくるとは、かなわんヤツである。

O島さんは車に戻って、スプレーを取ってきた。

 「そっかぁ 滑りが悪くなったら、そういうの使ってもいいんですね。 KURE551 」

 「・・・・・・」

しまった! 間違えた。 誰かつっこんでぇや 

1秒が永遠にも感じる。 こうなったら自分で・・

 「あ、ちゃうわ。 5-56 や。 551 は、蓬莱の肉まんやん」

 「そやそや、 551は蓬莱や わはは」

父、大受け。 一人ボケつっこみ、なんとかセーフ!?

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

鬼門じゃないけど引き戸が

 「はろ~っ!」

いつものように大きめの声を出し、玄関から寝室、そしてリビングへと向かう。

 「やっほ~! いる~?」

父に自分の存在をアピールしながら寝室とリビングの間の引き戸を開け、閉めようとした時、

 「あれ?」

私は抵抗を感じた。

リフォーム終了当時は力加減がわからず、 バーン と閉めて、その反動で開くくらい軽かった引き戸が、意識して力をこめないと 閉まらない。

 「ねえねえ これ 前から こんなんやったっけ?」

 「いや~ちょっとなあ 力がいるんや最近」

父も同じように感じていたらしい。

 「ホコリかなんか、溝に溜まってるんとちゃう?」

 「ちゃんと掃除しとるから それはないで」

懐中電灯で床の溝を照らしてみたが、ホコリらしいホコリは見えない。 続いて上の方を調べてみた。 するとなにやら”つまみ”が付いている。

 「あ、これで調整できるみたいよ」

扉が閉まるスピード調整ができるつまみをスライドさせて、ブレーキの効きを緩めてみた。 しかし、閉まりにくいのは改善されない。

 「む~ん。 あとはコレ取って 底の部分を見てみないと・・」

と引き戸を持ち上げではずそうとやってみたが、はずれない。

 「あかん あかん ワシかてやってみたけど、ソレはずれんのや」

万事休す である。

| | コメント (0)

2007年11月27日 (火)

鬼門のトイレ

兄は大学を出ると同時に転勤族となり、第四期リフォーム当時おうち住んでいたのは、父と母の私の3人。 3人家族なのにキッチン・洗面・トイレをもう1セット作るなんて、なんとも贅沢な話である。  

その第四期リフォームで2階を増築したとき、どういう間取りにするか主導権を握っていたのは 実は母だった と後で父から聞いた。 

  ”将来は 二世帯でも 気兼ねなく 住めるように”

母は自分が嫁に来たときにした苦労を、息子のお嫁さんにはしてもらいたくない と考えていたらしい。 それがキッチン・洗面・トイレをもう1セットプラン に表れたのだろう。 この母の改築プランは、兄が家族と帰省するたび おおいに役に立つことになる。 残念なことに、同居の苦労がどの程度軽減されるかを確かめぬまま、母はあの世へ旅立った。 

ともあれ、2階にもうひとつトイレがあったということで、リフォームした1階のトイレの水が流れなくても そう緊急に困ることはなかった。 まあ、トイレの度に2階へ上がったり下りたりするのが少々面倒 という程度だ。

しかし、このまま放置 というわけにはいかない。 父と取扱説明書を読んでみたが対処法は見つからずプロに修理を頼むことに。 修理が来るまでの間に再度取扱説明書を読んて見つけたのが 「保証期間 2年」という文言。 ん・・もしかしてギリギリセーフ? 不幸中の幸い というやつか。

みてもらうと・・ どうも、タンク内側の部品がなにか はずれていたらしい。 

 「年寄りひとり暮らしやし そんなに使わんのに、なんで故障するんかなあ」

確かに。 やはり、方向が悪いからか? 便器は鬼門の線からかろうじてはずせたが、トイレの個室自体は 鬼門の線にかかっている。

| | コメント (0)

2007年11月19日 (月)

トイレのトラブル 2

平成17年にバリアフリーリフォームしたおうちのトイレは、車椅子でも利用できるようにスペースをとり、後で手すりが取り付けられるよう考慮して設計されている。

平成19年の春のことだ。 私が父の顔を見におうちに行ってトイレに入り・・

 「あれ?」

壁に取り付けたリモコンの ”流す” ボタンを押した瞬間 何か違和感を感じた。

 「なに コレ?」

とりあえずは流れてくれたが、念のためもう一度 ”流す” ボタンを押してみた。

通常、リモコンの ”流す” ボタンを押すと、タンク横のレバーが連動し 手を触れなくても レバーが動いて水が出る といった連係プレーが地道に繰り広げられている。 しかし今日は、リモコンのボタンを押しても なにやら反応がにぶいのだ。 

 「あれれ?」

何度かトライしているうち、とうとうレバーが動かなくなってしまった。

 「リモコンがおかしいんかなあ? まあ レバーを直接動かせば 水出るか」

レバーをくいっと引いてみたが、うんともすんとも言わない。 というより、レバーを動かす時の重さというか力というか 手応え が感じられない。

 「ええ~ なんで?」

水洗トイレの水が出ない。 とってもとっても困るのである。  

| | コメント (0)

2007年11月12日 (月)

鬼門の駐車場

さて、車のない生活を始めた父だが、近所の人からこういわれたらしい。

 「あそこは鬼門やから、車 手放して 正解でっせ。」

指摘したご近所さんがどれだけ家相学に詳しいのかは謎なのだが、いわれてみればそうかもしれない。 駐車場は敷地の東北の角にある。 おうちをリフォームするときには、鬼門はどっちだのとあれこれ家の中の間取りは考えたけれど、その時に読んだ家相の本に、駐車場の場所は云々・・とは書かれていなかったので、考えたこともなかった。 

まあ、現実問題として 「駐車場が鬼門にあたるから、動かしたほうがいいよ」 と家相学の権威に言われたとしても、敷地に余裕がなく どうしようもなかっただろう。

しかしド鬼門に車を置いてン十年。 これまで何か悪いことがあっただろうか?

1:交通違反 スピード違反で2回ほど捕まったっけ。 小学生時代、九州の母の実家に帰る途中の田舎の直線道路と、大学生時代、新たにひらけた新興住宅地のスーパーを見にいった帰りの広くて快適なバイパス道路。 何故かどちらも居合わせて、今でもはっきりと覚えている。

2:盗難&いたずら 不思議と盗難やいたずらにあったことはない。 車庫といっても第四期の大規模リフォームで、それまで家と一体になっていた車庫の中に置いていた車を、外に置くようになっていた。 駅に通じる 交通量の結構多い歩道のない道路の横に、むき出しで停めておいた車だが、イタズラや盗難は全くない。

いろいろ思い返してみても、車に関して呪われたような事件もなかったし、もちろん無事故。 やはり駐車場鬼門説はご近所さんの思いこみなのか。

鬼門のトラブルといえば、家の中なら起こっている。 そう、トイレのトラブルだ。 実はあのゴボゴボ事件の後にも、事件が起こっていたのである。

| | コメント (0)

2007年10月 4日 (木)

補聴器

 「ちょっとリモコン貸して」

といってTVの音量を上げると、

 「これ以上大きくしたらワシ 音が割れて 聞こえにくいねん」

また、ファミレスで食事をした後に

 「周りでたくさんの人が喋ってるとなあ、音が ぅわん ぅわん 響いて、 お前の声が 聞こえんのや」

補聴器をつけたからといって、クリアな音が聞こえるかというと そうでもないらしい。 体は丈夫な父だが、「聞こえ」の問題ばかりは どうしようもないみたいだ。

いわゆる「老人性難聴」は、加齢による生理的変化と考えられ、治療対象にはならず、自力でなんとかしなくてはならない。

父は取扱のある眼鏡屋に行ったり、百貨店に行ったり、通信販売を利用したり とあれこれ自分にあう補聴器を求めていろいろアクションを起こしてはいるのだが、耳が遠い=聞こえにくい程度は 歳とともに進んでいる。

ある日ファミレスに行った後、

 「今日も、聞こえにくかったやろ?」

と父に聞いてみると

 「うんにゃ~ 今日は大丈夫」

 「え なんで!?」

 「へへ 今日はな、 両方に耳栓しとるんや」

    注 : ”耳栓”は、父の隠語で =「補聴器」 のこと。 

父は外出時に、ポケット型の補聴器をつけているのだが、 (ポケット型というのは、『胸のポケットにラジオをいれてイヤホンで音楽でも聴いているようにみえる補聴器』 のことで、ポケットがなければ首からぶらさげることも可能なタイプ)  その日はポケット型プラス、耳穴式(これこそ耳栓そのものタイプ)を着用していたのだ。 

 「こうやったらな、あんまり 響かへんねん」

<必要は発明の母> というが、父も父なりに 工夫をしている。 

だがしかし、補聴器の力を借りていても 耳が遠い=怖い と感じることがあるのだ。

| | コメント (0)

2007年8月21日 (火)

庭の手入れ

雨で道路に張り付いた落ち葉を掃除した翌日は、朝から雨。 私は傘をさしたまま落ち葉掃除に勤しんだ。

 「植物は二酸化炭素を酸素にかえてくれる」 

 「地球温暖化防止には、ミドリが必要」

 「この木 なんとかして~! とか 思たらアカン・・・」

と三段論法が頭の中をぐるぐる。 しかしついついため息がもれてしまう。

父曰く、お隣は社宅だそうで、悩まされている落ち葉製造木も、今住んでいる人が引っ越してきた時には すでに庭にあったそうな。

 「お隣の奥さんは気にしてなあ 高枝切り鋏で切ったりしてるんやけど、女の人やから力ないし、それに上の方は届かんやろ」

見かねた父が、一度その高枝切り鋏で かなりの枝を切ってあげたそうなのだが、所詮は素人仕事。 あっという間に元の通り。

 「植木屋さんに頼んだらいいのに」

 「それがなあ お隣のご主人が こういうことに無頓着らしくてなあ お金かけたくないみたいなんや」

しかし迷惑は、しっかりとかかっているのだ。 

こういう話を聞いたことがある。 そこはマンションだが、ガーデニング好きなご一家がいて、庭にはいろんな植物を植えていたそうだ。 ところが転勤で引っ越すことになり、その庭付きの1階の部屋を人に貸すことになった。 しかしそこに賃貸で入居した人は、そちら方面にまったく興味がなく=手入れをせず、草木に雑草伸び放題、庭は荒れ放題。 ついには害虫が大発生してマンション中の大問題に。

 「庭は放っておいてもらって いいですから」

といわれて入居した賃借人に責任を問うこともできず、困ったそうだ。

植木屋を頼めばお金がかかる。 もちろんこれは理解できる。 しかし、放置して近所に迷惑をかけている という現状もわかってほしい。

 「今日はもうサイテー 雨のなか傘さして落ち葉掃除してきてんで」

と、父にぼやく。 できるだけ明るく。

明日はこの検査入院最大の山場、気管支ファイバーが待っている。

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

隣の落ち葉

昨日父が病院へ戻る前に点けていった電気を消して・・・、今日は持って行く洗濯物なかったかな・・・、と頭の中で今日やること を整理しながら自転車でおうち(実家)に向かっていた私は、最後の曲がり角をまがった所で

 「なんじゃあ こりゃあ~!?」

心の中で叫んでしまった。 何故なら、おうちの前が というより おうちの前だけが 落ち葉だらけだったからだ。

おうちは駅に向かうメインロードに面して建っている。 ’たばこのポイ捨て’の被害は日常茶飯事だ。 なので、病院に行く前にやることリスト の中には、「玄関前の掃除」も当然のことながら入っていた。

しかし、一体この大量の落ち葉はなんなのだ。

おうちは三叉路の角に建っている。 車一台がやっと通れるような幅の道を挟んだお隣は、庭がその道に面した作りになっていて、道を半分以上覆うような大きな木が一本 生えているのである。

 「ああぁ、そうやった、昨夜は小雨交じりの強風で・・」

お隣の奥さんも気兼ねして、その細い道(おうちの横)に関しては うちのほうまで掃除してくださっているそうなのだが、問題は駅に向かうメインロード側だ。 

おうちの玄関はメインロード側にある。 葉っぱはメインロードにも、細い道にも平等に降るのだが、細い道の方はお隣の奥さんが掃除してくれるため、 手つかずのおうちの玄関の前だけが落ち葉だらけ という不思議な状況になっていたのだ。

ご近所の掃除の行き届いたメインロードの中に、落ち葉だらけの場所が一箇所。 これは目立つ。 掃除してない=留守 というのが丸わかりである。 スグに掃除せねば! なんたって父の入院は、シークレットなのだ。 

雨は上がっていたとはいえ、下はまだ濡れている状態。 落ち葉がくっついてなかなかとれない。 はぁ~まいった。

なんとか片づけ、病院で父に愚痴って 「やれやれ、子どもが帰って来る前に自宅の掃除もしなきゃ~」 などと思いつつ戻ってきたら、またもや大量の落ち葉・・・。

 「なんで うちの方にばっかり落ちてくんねん!」

風向きばかりは、どうにもならない。

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

入院 そして 牢名主?登場

 「さきほど お父様の方にお電話したんですけど、お留守みたいで・・」

入院窓口で書かされた書類の緊急連絡先には、私の電話番号を書いた。 だからうちに連絡がきた というわけ。

 「ちょっと買い物に出てるだけだと・・」

 「それで、明日なんですが、入院できますでしょうか?」

 「多分大丈夫だとは思うのですが、念のため父に確認して 折り返し電話いたします。」

30分ほどして電話してみると、すぐに父が出た。

 「え? 明日かいな。 ・・・早すぎるなあ」

入院グッズの準備は進んでいるものの、心の準備がまだらしい。

 「でも ’ベッドが空いた’ ってことはきっと、’はよ検査し’ ってことやで。 明日入院しちゃったら」

 「そうかな~?」

 「それはそうと、玄関灯はどうなったん? 修理来た?」

 「おう、電器屋さん今日来てくれはってなあ、やっぱもう寿命らしいわ。 新しいのがお店にあったからって スグに付け替えてもらったんや。 ちゃんと動いとるで。」

リフォーム後のウインドウエアコンの取り付けの時にもお世話になった地元の電器屋さんだが、その時は合う部品がないとかで 何回も何回も足を運んでもらった。 それが今回は一発で修理完了! ・・・ということはやはり、 ”さっさと入院すべし” という天の啓示だろうと私は勝手に解釈した。

とまどう父を説得し、翌朝入院。 

病室に通され 担当のドクターが来るのを待っている間 看護師に渡された書類を書くのに 6人部屋の真ん中のベッドということもあり 父と小声話していたら

 「コソコソ話されたら 何言われてるか気になってかなわん! 普通に喋ってや」

出た! これが噂に聞くアレか。

しかし常識的に考えて、カーテン閉まってる(=寝てる or 具合が悪い)ベッドが二つもある状況では、普通にしゃべる方が迷惑なんじゃないの? な~んて思っても

 「すみませ~ん」 (ニコッ) 

触らぬ神に祟りなし である。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧