2007年5月 8日 (火)

本紹介 「大工棟梁の知恵袋」

福祉住環境コーディネーター検定の試験勉強をしていて、私が一番苦労したのは 「家の構造」に関わる用語だ。

基礎・土台・束・束石・大引・根太・根太掛け etc.

 「う~ん これ どこがどうつながってるのか よく わかんないよ~」

テキストに断面図が掲載されてはいるものの、その部分の断面図だけしか載っていないため 建築関係全くのド素人の私には この図が意味しているのはなにがなんやらさっぱり!?の状態。

 「過去問にも出てたし ちゃんとわかっとかないと ヤバイかも・・」

危機感からインターネットで検索しているうちに とある方のホームページで

 「私もとても参考になりました。 家を建てる方は 是非ご一読を」

と 推薦されていた本である。

著者は、日本の木造在来工法の優秀性を追求し続け、庶民が求める「安くて丈夫で住みよい家づくり」を信条に、長年にわたり町大工棟梁をつとめてきた人だ。

「大工棟梁の知恵袋 住みよい家づくり秘訣集」  森谷春夫 著  講談社文庫

  ・ プロローグ

     見直したい在来工法の知恵

  ・ 快適で住みよい家づくりの決め手

     工程別にチェックできる住まいづくりのノウハウ

        設計編・部材編・基礎編・上棟編・屋根編・造作編・左官編・

        設備編・建具、経師、畳編

  ・ 失敗しない増・改築と住まいの維持の秘訣  

     より住みやすく、より長もちさせるアドバイス

         増・改築編  維持編

  ・ 頭のいい建売り住宅の選び方

     買う前にこれだけはしたい落とし穴チェック

  ・ 図解・日本住宅の仕組みと呼び名

最後の図説こそ、私が求めていたもの。 基礎など骨組み以外にも  屋根の形のいろいろ・継ぎ手、仕口のいろいろ、和室の名称・床の間の名称・高さによる窓の呼び名、障子の種類・窓のいろいろ(開け方による呼び名)、内壁仕上げの今昔・モルタル壁の断面・大壁と真壁 と、全く知らなかったものから なんとな~く聞き覚えていた単語が一目瞭然! 頭にすんなりとはいってくれた。

試験対策に買った本だが おうちのリフォームにも たいへん役に立った。

ただ、 ”トイレの敷居は床よりやや高く” ”洋間と和室の仕切りには差を” なんていう バリアフリーには向かない記述もあるが、それはそれなりの理由があってのこと。 「こういう考え方もあるのだ」 と 柔軟に吸収したい。

| | コメント (0)

2005年11月25日 (金)

2級合格!

1948世界人権宣言・・・ 1959児童権利宣言・・・ 1971知的障害者の権利宣言・・・ 1975障害者の権利宣言・・・ 1981国際障害者年・・・ 1993障害者基本法・・・

  ホームヘルパー施設実習、ガイドヘルパー講習、夏休みの子どもの相手、舅の葬儀。 2004年の熱く暑い夏が終わり、私は「福祉住環境コーディネーター」2級の勉強を開始した。

ICIDH=国際障害分類 機能障害・能力障害・社会的不利、 ICF=国際生活機能分類 機能障害&構造障害・活動制限・参加制約

  2級のテキストは3級の倍の厚さになり、内容も広く詳しくなってくる。

高次脳機能障害・・・半側空間無視、失語症、失行症、失認症、身体失認、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、行動と情緒の障害

  歳とともに衰える記憶力。。 

道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限、絶対高さ制限、日影規制

  大学受験の時より勉強したような気がする。

父がリフォームを決めた直後の2004年11月28日、受験。 年が明けて2005年1月、<合格通知>を手にした。 よっしゃー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

斜めの歩道

街のバリア(障壁)を感じたのは、子どもが生まれてベビーカーを押すようになってから。 近所のスーパーへ行くだけなのに、何度もバリアに遭遇する。 

バリアが多いのは意外にも歩道。 たとえば玄関や車庫の前など、車道にむかって斜めに削ってあるアレ。 まっすぐ進もうとしても、車道の方へ流されそうになる。 子どもが重くなるにつれて、斜め部分をつっきるのは はっきりいって”ちからワザ”。 奇妙にゆがみ、軋むベビーカー! 「これ作った人、絶対子ども いてへんな」 と毎度心の中で悪態つきながら、腕に力をいれたものだ。 

電動車椅子の人が、車がびゅんびゅん走る車道を通るのは、歩道の方がよっぽど危ないから とベビーカーを押して初めてわかった。 ベビーカーや車椅子だけでなく、お年寄り・子ども・妊婦さん・腰や足に故障のある人も然り。 斜めの歩道はいずれにしても通りづらい。 

新興住宅街なら”みんなにやさしいユニバーサルデザイン”の街作りがしやすいのだろうが、昔からの土地だとなかなかそうもいかない。 昔からある古いおうちも みんなにやさしいとは言い難い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

街のバリア

ホームヘルパー2級講座の学校にはガイドヘルパーのコースがなかったので、全身性と視覚が一度に取得できるという専門学校をネットで探しだし、申し込んだ。 

全身性の実習は、学校近くのショッピングセンターで車椅子に交代で乗り、階段を4人・3人で抱えて上り下りしたり、エスカレーターの昇降訓練をした。 

エスカレーターは前と後ろに補助役をつけて4人一組でトライ。 上りは自分の体で車椅子を段差に押さえつけるようにすればいいので、みんな割とすんなりできたが、下りは車椅子をバックの状態で乗せるため、まず後ろ向きで自分が乗り、車椅子を自分の体にグイッと引き寄せてエスカレーターに乗せ、安定させなければならない。 

この怖さといったら・・・そこらへんの絶叫マシーンの比ではない。  

視覚の時間にはアイマスクをつけ、駅まで歩き、エスカレーターでホームにあがり、実際に一駅乗って電車の乗降を体験したりと、とても実践的なカリキュラムだった。

車椅子やアイマスク姿になると、普段何気なく歩いている街が バリア(障壁)だらけ というのがよくわかる。

(注:<車椅子のエスカレーター昇降訓練について>  これはやらない学校もあり。 エスカレーターしか利用できない時の奥の手的技らしい。 ガイド一人では絶対しないこと 駅では駅員さんに補助をお願いすること 等注意があった。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

ガイドヘルパー

「ガイドヘルパー」という資格を知ったのは、ホームヘルパー2級講座の車椅子実習の時だ。

「ホームヘルパーは車椅子をおして病院にはいけますが、映画やコンサートなどレジャーにお連れすることはできません。 これにはガイドヘルパーという別の資格が必要です。」

講師は補足説明程度にさらっと流しただけだったが、”レジャーがダメ” という所で 「え~ そんなんアカンやん!」 と思わず声を出しそうになった。 後になって、一体なにがアカンのか自分でもよくわからないのだが、気になると調べずにはいられない性分。 早速ネットで検索してみた。 

  • 介護保険上の資格・・・ホームヘルパー
  • 支援費制度上の業務・・・ガイドヘルパー

大さっぱに言うとホームヘルパーは高齢者施策、 ガイドヘルパーは障害者施策。 細かな取り決めがいろいろとあるが、つまりは全身性障害者と視覚障害者の移動介護はガイドヘルパーの資格がないとできない ということだ。

自慢じゃないが一番苦手な家事は料理。 「よそ様のお宅でごはんを作る」なんて考えられない私は、移動介助というガイドヘルパーの仕事に大いに興味を持った。 しかしホームヘルパー2級を受講した教室には、ガイドヘルパーのコースがなかった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

戻って来やすい家

夏休みにはいり、ホームヘルパー2級講座はいよいよ山場を迎えていた。 それは施設実習。 3日間介護老人保健施設へと通った。

1日目 掃除、ベッドメーキング、食事準備、食事介助、リハビリ補助

2日目 認知症フロアにてコミュニケーション、レクリエーション補助 

3日目 併設のデイサービスで送迎添乗、入浴着脱介助、レクリエーション補助

はじめての経験にくたくたになったが、なんとか無事クリア。 老健施設ってこういうところなんだ と一部ではあるが覗いたことにより、もし自分の家族がお世話になるよう事態になっても あわてないでいられるような気がする。 

介護老人保健施設というのは、病状は安定していて病院に入院治療する必要はないが介護や看護、リハビリが必要で、日常生活を一人でできない高齢者を対象とした施設であり、家庭生活への復帰が目的だ。  

病院 → 介護老人保健施設 → 自宅 という流れなので、そろそろ「おうちに戻ってきた時」のことを考えるという。 だが本人は積極的に動けないので、退所するまでに手すりをつけたりバリアフリーにしたりの工事・リフォーム、その前に必要なら介護保険の申請などなど、周りは大忙しとなる。

元気なうちに ”転びにくい家” ”もし転んでも(病気になっても)最小限の手段で戻って来やすい家” にしておくことは、みんなの負担を減らせるひとつの手段といえそうだ。 


施設実習のあと同行訪問(先輩ヘルパーについて実際に利用者様のお宅を訪問する)を2回行い、レポートを提出し 無事「ホームヘルパー2級」を取得した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

まず3級

 「試験前日にテキスト読んだだけで合格しました。」

羨ましい・・・資格サイトにこういう書き込みをしてみたいものである。 「福祉住環境コーディネーター」試験はマークシート方式なので奇跡が起こらないとはいえないが、頭のレベルが違う私が読んだだけで合格できる確率は ゼロ に近い。  

「ホームヘルパー2級講座」に通うのは週1回だが、学科レポートと記述式添削課題が別にある。 そっちももちろん未知の分野。 頑張りすぎると、「時間がなーい!」とイライラするのは目に見えていた。 睡眠不足で凶暴化する私は家庭の平和を守るため、同時進行の「福祉住環境コーディネーター」試験は地道に3級から と決めた。  

 ノーマライゼーション、後縦靱帯骨化症、筋萎縮性側索硬化症、軸組工法、V溝レール etc..

見慣れない単語、読めない病名。 公式テキストだけでは心許なかったので、参考書と過去問題集と購入。 過去問題集をひもとくと、ひっかけの嵐! うろ覚えでは正解しないと感じ、地道にこつこつ勉強を続けた。

わざわざ並行してやらなくても と思うだろうが、勉強をすすめていくうちホームヘルパー提出課題の多くが、福祉住環境コーディネーターの学習範囲に含まれていることに気付く。 全く別のものを勉強しているわけではないのだ。 同じ事を勉強する時、違うの視点から学ぶとさらに理解度が深まる と感じた。

2004年7月4日、もしかして私の半分くらい? という歳の学生さんに混じって、「福祉住環境コーディネーター3級試験」に挑戦した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

学舎

大きな荷物を前カゴに入れ、Tシャツジャージ姿でチャリンコにまたがる。 ホームヘルパー2級講座の実技スクーリングがはじまると、こんな格好で毎週教室へ通った。 クラスメイトは性別も年齢も職業もバラバラだったが、同じ目的を持っているからうち解けるのも早かった。

「今度介護タクシー事業はじめるからヘルパーとってこいって社長にいわれてなあ」

「離婚したから手に職つけようと思うねん これ時給ええやろ」

「病院で看護助手やってるけど、やっぱちゃんとした資格がないと・・」

「この先今の仕事続けられるかな って考えるとねぇ」

「子どもの手が離れたら、介護の仕事がしたいの」

など、受講動機は十人十色。 もちろん、私のような「将来介護準備派」もちらほら。 

お昼ごはんの後は”大お菓子交換会”に突入。 介護に関係あることないことおしゃべりした。 昼休憩1時間が毎度短く感じたものだ。

もちろん授業はみな真剣。 介護の技術を教わると同時に、ベッドに寝て介護される側も体験する。 風が吹けば飛んでいきそうな小柄な初老の講師が、クラス一体格の良い男性を軽々と移動させる姿に「おぉ~っ」。 簡単にできそうだけど 「あれぇ?」 「なんで!?」「動かへん・・・」 みるとやるとは大違い。 お昼休みだけでなく、一日の授業もあっという間に終わるのだ。

一方「福祉住環境コーディネーター」は独学。 いわば我が家が学舎。 子どもを学校に送り出すと、食卓が勉強机に変身する。 「ただいま~」の声がするまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

福祉住環境コーディネーター

「福祉住環境コーディネーター」というのは、東京商工会議所がやってる検定試験で、 簿記や英検と同じようなもの。 これに合格しても医師や弁護士のように免許をいただけるものではないし、この資格がないからといってバリアフリーの工事ができないということもないが、住宅・建築関係や福祉・介護関係で働いている人が、仕事の幅を広げ質を高めるための”+α的性格が強い”資格である。 

そして建築・医療・福祉とは縁もゆかりもないド素人がバリアフリーのことを勉強するのにも、とても役立つ。

検定には3・2・1級があり、受験資格に学歴・年齢・性別・国籍の制限はない。 (但し1級受験は2級合格が必須) 極端な話小学生でも受験できる。 ホームヘルパーのように資格取得に実習も必要ない。 試験は3・2級は年2回、1級は年1回あり、全国の商工会議所等で受けられる。 

簡単に説明すると、3級は入門基礎編 ・ 2級は実務編 ・ 1級は合格率が1%台のるかのらないかの超難関まちづくり編 といった感じだ。 公式テキストが東京商工会議所が発行されており、大きな書店や通販で購入できる。 

1級はともかく2級3級は公式テキストから出題されるので、テキスト買って独学すれば経済的。 私のような(ホームヘルパー2級講座の受講料をOL時代の残り少ない貯金からはたいた)無収入専業主婦でも、やろうと思えば手が出せるありがた~い資格なのである。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月16日 (水)

ホームヘルパー2級講座

こうと決めたら行動は早い方である。 姑の歩けない事件の翌月、私は「ホームヘルパー2級講座」に申し込んだ。

偶然なのだが、事件のひと月ほど前ご近所のママ友達とお茶をしていて、中の一人がホームヘルパーの仕事をしていると知った。 

 「よそのお宅で人様のごはん作るなんて絶対無理だよね~」

と他のママたちと口をあわすように言ったもんだ。  その時はまさか自分が受講するなんて思ってもみなかったが、「私みたいに最初から働こうと資格とった人と、家族の面倒みるのに勉強しとこうという人と、半々くらいだったよ。」 という言葉が頭に残っていた。

身近に先輩がいると心強い。 申し込む前には、講座のこと、仕事のことなどいろいろ話を聞くことができて本当に助かった。 いろんな会社が講座を開講しているので、システムや受講料や会場を比較し最終的に決めたのは <学科通信制・スクーリング週一回・自宅から自転車圏内> の教室だ。 

2004年4月、私は超久しぶりに学生に戻った。 同時に「福祉住環境コーディネーター」の勉強もはじめた。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧